スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

買うと借りるどっちが得か PART5

買うと借りるどっちが得か PART5


買う、借りる どっちがとくなのか
賃貸と分譲 マンションと戸建
住宅は人生設計、ライフプランを組む上で
決して欠かすことのできない悩みだ

借りる 買う 住宅 マンション

今日は連載5回目

買うと借りるどっちが得か 連載1回目
買うと借りるどっちが得か 連載2回目
買うと借りるどっちが得か 連載3回目
買うと借りるどっちが得か 連載4回目


マンション経営へ ← 買うと借りるの記事を探してみる

連載5回目では、資産価値分析だ
不動産の資産価値を吟味してみる


現物不動産

資産価値とは何なのか

不動産の資産価値をどのように計るか
現在価値分析 PV、NPV や IRR、収益還元法、取引事例法など
いくつもの分析手段が存在している
今回は、簡単に説明したいと思っているので
マクロ経済との関連のみを簡単にお話したい

まず、以下が一般的な常識です。

デフレ (お金の価値が上がる)の場合は不動産は売り
インフレ(お金の価値が下がる)の場合は不動産は買い


不動産にかかわらず、不動産を株式に置き換えてもいいし
食料品に置き換えてもいい
早い話が現金で保持していた方が得かどうかの尺度だ

これからデフレになると思うのならば
今は不動産を買わないほうがいいだろう

これからインフレになると思うのならば
今 不動産を買ったほうがいいだろう


とはいえ、第1回で説明したように、
要するに個々の物件の価格次第なんだと思っている。
これからデフレになっても、安く買えれば投資という
側面で考えれば、きちんと利益を出せるに違いないのだ





ぽちっとお願いします

マンション経営へ

FC2 Blog Ranking
くつろぐランキング"
マンション経営
ブログ王
人気ブログランキングへ

拍手もお願いします↓
関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

カウンター

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

アプリケーション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。