スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

新型インフルエンザに仙台方式導入検討

新型インフルエンザに仙台方式導入検討


感染者が「発熱外来」だけでなく
地域の診療所で受診できる仙台市の対策が
注目されている。

パンデミック(世界的大流行)時には
かかりつけの診療所で診断、治療を受け
症状の軽い患者は自宅療養する方式で
季節性のインフルエンザと同様に診療し
感染拡大を防ぐのが狙い。

新型インフルエンザ 診察

感染者が増加している大阪府や兵庫県では
感染者が発熱外来に集中し、病床が
パンク状態になる問題が生じているが、
仙台市ではこうしたことを想定し
地元の医師会と協力して態勢を整えてきた。


「仙台方式」は新型肺炎(SARS)騒動に
危機感を抱いた梅原克彦市長が約4年前の
市長就任時から準備を進めていた。

東北大の専門家から情報を得たり
厚生労働省仙台検疫所長だった岩崎恵美子氏を
副市長に迎えるなど、陣頭指揮にあたった。

新型インフルエンザ

仙台市は今月、新型インフルエンザが
パンデミックに突入したことを想定し
地域の診療所が軽症者診療機能を
担うなどを盛り込んだ
「メディカル・アクションプログラム」を策定。

パンデミック時には、感染者の多くは最寄りの
「かかりつけ医」がいる医療機関に行くだろう
という想定のもとに検討した。


努力が実を結んだ形です。
軽症のインフルエンザなら、この方式でも
いいと思う。




ぽちっとお願いします

FC2 Blog Ranking
くつろぐランキング"
マンション経営
ブログ王
人気ブログランキングへ

拍手もお願いします↓
関連記事
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑

カウンター

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

アプリケーション

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。